このホームページにアクセスしてくださった県民の皆様、こんにちは!
私は平成26年度より兵庫県耳鼻咽喉科医会の会長を務めております、水津百合子と申します。皆様に私たちの医会について少しでも知っていただきたく、一言ご挨拶いたします。

兵庫県耳鼻咽喉科医会は、県下で耳鼻咽喉科の診療に携わる医師の集まりで、病院勤務医、診療所の医師を合わせて、現在約470名の会員を有しております。兵庫県医師会の中の耳鼻咽喉科を担当する分科会として地域医療活動を担っておりますが、同時に日本耳鼻咽喉科学会の兵庫県地方部会(事務局 神戸大学耳鼻咽喉科)と連携して、学術、医療技術の向上を図り、県民の皆様のお役に立つようにと、日々努力をしてまいりました。

私たちの医会は1954年に発足し、すでに60年が経過しています。現在は、学術、保険医療、学校保健、福祉医療、乳幼児医療、産業環境保健、救急医療、医事問題、広報の9事業部から構成されており、県下の神戸地区、阪神地区、播州地区、但馬地区と区分した各地区より委員、役員が出務して会の運営に当たってきました。
県民の皆様に直接かかわる行事としては、3月3日の「耳の日」8月7日の「鼻の日」
に県下各地で講演会や無料相談会を開催しております。また、県民広報誌やラジオを通じての健康相談なども受け付けて来ました。耳鼻咽喉科の学校健診や三歳児健診はすでに皆様ご承知のことと存じますが、地域医療の中でもとりわけ救急医療は皆様にとって切実なご要望です。このホームページにもありますように、近年は県下の耳鼻咽喉科の救急診療体制も少しずつですが充実しつつあり、各地域の会員が交代で休日診療にあたっております。
 また最近の急速に進む高齢化社会での耳鼻咽喉医の役割として、兵庫県では全国に先駆けて嚥下障害の診療にあたって参りました。さらに、補聴器相談医の数も全国トップクラスと自負しております。このようなことでお困りの折には、どうぞお気軽にご近所の耳鼻科医にご相談ください。

 兵庫県は面積も広く、地域の事情もさまざまです。どの地域にお住まいの皆様も等しく必要とする耳鼻咽喉科診療を受けていただけるよう、私たち医会員はもてる力を出し合い、医療の向上に努めております。
 このホームページによって、皆様が私たち耳鼻咽喉科医会へのご理解を少しでも深めていただければ幸いです。